会議発表用資料 宇宙放射線による発がん影響とその予防法

横溝, 真哉

2017-08-23
内容記述
宇宙での放射線被ばくは、低線量・低線量率であり、線質が様々であることが特徴である。しかしながら低線量率被ばくに関する疫学調査や動物実験は十分になされていない。そのため、動物実験でのデータの蓄積に加え、発がんの予防法の構築が重要である。
平成29年度「宇宙に生きる」若手夏合宿参加の為

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報