会議発表用資料 Effect of metal nano-clusters produced by ion implantation and subsequent high energy heavy ion irradiation on optical properties of transparent oxides

岩瀬彰宏  ,  福田健吾  ,  堀, 史説  ,  齋藤, 勇一  ,  千星, 聡

2017-07-06
内容記述
 材料中に金属ナノ粒子を形成させることにより磁性や光学特性を改質させる研究の一環として、光学機器などへの応用が期待される透明酸化物(SiO2)の中にAgのナノ粒子をイオン注入で形成させ、その光学特性を調べた。その結果、TEMにより直径5nm-20nmの球状のAgナノ粒子が確認され、その表面プラズモン共鳴に相当する波長400nmに吸収スペクトルのピークが観測された。注入量が増加するとこのピークの強度が増大するのに加えて新たに600nmにもピークが現れた。これは隣接するナノ粒子の相互作用に起因するものと考えられる。さらに、この試料に16MeVのAuイオンを照射するとそれぞれのピークが短い方にシフトしていき、強度も減少した。TEMによる形状観察ではナノ粒子の形状が球形から楕円形に変化しており、その影響によるものと思われる。イオン注入と重イオン照射を組み合わせることにより、光学特性を制御可能なことが示唆された。
19th International Conference on Radiation Effects in Insulator (REI-19)

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報