一般雑誌記事 粒子線による骨軟部腫瘍治療の現状と未来

今井, 礼子

7 ( 3 )  , pp.443 - 448 , 2017-07 , 株式会社 アークメディア
ISSN:2186-1110
内容記述
1996年4月から切除非適応骨軟部肉腫に対する重粒子線治療と小児腫瘍に対する陽子線治療が保険収載された。従来、骨軟部肉腫の診療において放射線治療は補助療法として位置づけられることが多かったが保険収載により粒子線治療は主たる治療法のひとつとなりえた。日本には多数の粒子線治療施設があり陽子線や重粒子線の他、ホウ素中性子捕獲療法も行われている粒子線治療大国である。日本が粒子線治療世界のリーディングカントリーとなれるような戦略が必要である。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報