Journal Article Local structure and distribution of remaining elements inside extraction chromatography adsorbents

Sou, Watanabe  ,  Sano, Yuichi  ,  Shiwaku, Hideaki  ,  Yaita, Tsuyoshi  ,  Ohno, Simpei  ,  Arai, Tsuyoshi  ,  Matsuura, Haruaki  ,  Koka, Masahi  ,  Satoh, Takahiro

Description
高レベル放射性廃液(HLW)の放射能毒性を短期間で減少させることを目的に、抽出クロマトグラフィーを用いたHLWからのマイナーアクチノイド(MA)及びランタノイド回収を目指している。CMPO (octyl(phenyl)-N,N-diisobutylcarbonoylmethylpho sphine oxide)-HDEHP (bis(2-ethylhexyl)hydrogen phosphate)を多孔質シリカに含浸させた吸着材を試作し、この特性をMAとランタノイドの吸着実験と硝酸アンモニウムを用いた溶離実験により評価した。その結果、MAとランタノイドの吸着には成功したが、溶離ではランタノイドの残留が確認された。この理由を調べるため、粒子励起X線放出トモグラフィで残留するランタノイドの分布を測定したところ、吸着材の中心部分の濃度が高(残留が多いことが分)かった。このことから、溶離率の向上には、多孔質シリカの細孔径を拡大するなど溶離剤が中心部分まで容易に浸透するような改良が必要であることが示唆された。

Number of accesses :  

Other information