会議発表用資料 Isotope-selective ionization utilizing molecular alignment with a switched nanosecond pulse: Theoretical prediction of IBr isotope separation

赤木, 浩  ,  Takayuki, Kumada  ,  乙部, 智仁  ,  板倉, 隆二  ,  横山, 淳  ,  Hirokazu, Hasegawa  ,  Yasuhiro, Ohshima

2017-06-08
内容記述
分子整列と非共鳴多光子イオン化を利用した同位体選択的イオン化の研究を行っている。重元素への適応可能性を検討するため、IBrのBr同位体混合ガスを対象に、ナノ秒パルスの後半部分をフェムト秒パルスによって発生したプラズマで打ち消したswitchedナノ秒パルスによる分子整列、ならびにフェムト秒パルスによる同位体選択的イオン化の理論予測を行った。現実的な実験条件で、イオン収量比がI81Br/I79Br=0.7~1.6の範囲で変動した。
33rd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics (第33回化学反応討論会)

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報