学術雑誌論文 Thermal stability of energetic ion irradiation induced amorphization for Ni3Nb and Ni3Ta intermetallic compounds

小島, 啓  ,  越智雅明  ,  金野泰幸  ,  千星, 聡  ,  堀, 史説  ,  齋藤, 勇一

内容記述
元の金属単体とは異なる特異な機能を発現するため注目されている金属間化合物について、イオンビームを用いた改質法の探索を目的に、Ni3Nb及びNi3TaにAuイオン(16MeV)を照射した後、等時焼鈍を行い格子構造の変化を調べた。その結果、照射によりそれぞれ、斜方晶(Ni3Nb)及び単斜晶(Ni3Ta)から非晶質に変化し、これらを焼鈍するとNi3Nbは斜方晶に戻ったが、Ni3Taは単斜晶には戻らず斜方晶に変化することが分った。Ni3Taの相図では斜方晶は明確に定義されていない準安定相であると考えられ、イオン照射と焼鈍を組み合わせることにより、通常の加工では困難な構造状態を実現できる可能性が示唆された。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報