学術雑誌論文 Electron momentum densities near Dirac cones: Anisotropic Umklapp scattering and momentum broadening

Hiraoka, Nozomu  ,  Nomura, Takuji

7p.565 , 2017-04 ,  Macmillan Publishers Limited, part of Springer Nature
内容記述
コンプトン散乱によるグラファイトの電子運動量密度(EMD)の測定とモデル計算による解析を行った。 運動量空間においてEMDは、ウムクラップ散乱によってバンドギャップを開くとき、ブロードになる性質を示す。運動量空間におけるディラック錐近傍では、その特殊な電子構造によってウムクラップ散乱に異方性が生じ、EMDに鋭いステップが存在することを示した。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報