会議発表用資料 BL22XUにおける二次元検出器を用いたRA-PDFと時分割測定への展開

町田, 晃彦  ,  前島, 尚行  ,  綿貫, 徹  ,  榊, 浩司  ,  Kim, Hyunjeong  ,  中村, 優美子

2017-03-27
内容記述
SPring-8 BL22XUの特長である高エネルギーX線とダイヤモンドアンビルセル回折計に搭載されている大型二次元検出器を使用してX線全散乱パターンの迅速な測定を可能にした。大型デジタルX線検出器を用いることで、これまでに水素貯蔵合金の水素吸蔵過程のX線全散乱パターンを1秒以下の時間分解能で時分割測定することに成功している。全散乱パターンから原子二体分布関数を導出し、水素吸蔵過程におけるナノスケールでの構造変化に着目した研究を実施している。講演ではBL22XUのX線全散乱測定システムとそれを利用した水素貯蔵合金の研究例を紹介する。
原子二体分布関数(PDF)によるオペランド解析に関する研究会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報