会議発表用資料 kinetic-MHD hybrid simulations of runaway electron physics in tokamak disruptions

松山, 顕之  ,  相羽, 信行  ,  矢木, 雅敏

2016-12-06
内容記述
ITERに向けて喫緊の課題となっている逃走電子発生の抑制と緩和に関連し、モンテカルロ法による運動論的シミュレーションおよび非線形MHDモデルに基づく逃走電子分布緩和シミュレーションの結果を示し、トカマクディスラプション時の逃走電子発生に関する物理機構を議論する。
Joint 13th Asia-Pacific Physics Conference and 22nd Australian Institute of Physics Congress

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報