Article 頭部外傷の遅発性後遺症—慢性外傷性脳症(CTE)と頭部外傷に続発するアルツハイマー病を中心に

高畑, 圭輔  ,  高畑  ,  田渕, 肇  ,  三村, 將

68 ( 7 )  , pp.849 - 857 , 2017-02
Description
頭部への打撃から数年〜数十年の年月を経て,認知機能低下や精神症状,運動症状などの症候が遅れて出現することがある。こうした遅発性の症候に,外傷を契機とする神経変性が関与していると考えられている。本総説では,頭部外傷によって引き起こされる遅発性後遺症について概説する。特に近年問題となっている慢性外傷性脳症,および頭部外傷に続発するアルツハイマー病について重点的に述べる。また早期診断法としてのタウ・アミロイドPETや予防的介入の可能性についても述べる。

Number of accesses :  

Other information