Presentation 相対論的プラズマを用いた高エネルギー粒子発生と計測

西内, 満美子

2016-12-02
Description
超高強度短パルスレーザーを固体薄膜ターゲットに照射すると、固体密度に近いプラズマ中に、水素原子内部電場をはるかに上回る非常に強い電場が形成されます。この電場は小型の粒子加速器としての応用が有望視されているため、制御のためにはまずは計測することが必要不可欠です。しかしこの電場の寿命は非常に短く(パルス幅程度)、かつ空間的にもプラズマのデバイ長程度(以下μm)しかないため、通常の方法での計測は非常に困難です。本章においては、レーザー駆動ビームを用いた相対論プラズマ中の電場の計測方法について解説します。
プラズマ・核融合学会のシンポジウムで発表および情報収集

Number of accesses :  

Other information