会議発表論文 シクロデキストリンで水溶化したDPPHラジカルとビタミンE誘導体との反応

今井, 耕平  ,  松本, 謙一郎  ,  小澤, 俊彦  ,  福原, 潔  ,  中西, 郁夫

内容記述
2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカルは、活性酸素種のモデルとして抗酸化物質の活性評価に頻用されている。しかし、DPPHラジカルは水にまったく溶けないため、水溶液中で用いるにはエタノールなどの有機溶媒を共溶媒として用いる必要がある。その際、溶液のpHを制御するために高濃度の緩衝液を用いると、緩衝塩が析出するという問題がある。我々は最近、β-シクロデキストリン(β-CD)を用いてDPPHラジカルを水溶化することに成功し、高濃度の緩衝液中でもDPPHラジカルの利用を可能とした。そこで本研究では、リン酸緩衝液(0.1 M, pH 7.4)中で、水溶性ビタミンE誘導体であるTroloxとβ-CDによって水溶化したDPPHラジカルとの反応について検討した。その結果、Troloxはメタノール中に比べて顕著に高いラジカル消去活性を示した。本研究で得られた結果から、抗酸化物質の活性評価は、有機溶媒中や水-有機溶媒の混合溶媒中だけでなく、pHを精密に制御した緩衝液中で行うことが極めて重要であることが分かった。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報