一般雑誌記事 国際核融合材料照射施設のための原型加速器 の目標性能を達成 -大電流重陽子加速器の入射系ビーム加速実験の成功-

一宮, 亮

2017-01 , 国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構
内容記述
IFMIFは炉材料試験用加速器駆動型中性子源であり、加速器はCWモードで2x125 mA の40 MeV重陽子ビームを生成し、ビームパワーは10 MWに達する。設計製作技術を実証するため、同じ構成の原型加速器を建設し実証試験(EVEDA)を実施している。現在、高周波四重極線形加速器(RFQ)の据付が進められており、入射器調整試験において110 mA、0.26 πmm mradの重陽子ビームを達成した。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報