Presentation β-シクロデキストリンで水溶化した2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカルの酸化還元特性

中西, 郁夫  ,  上林, 將人  ,  小川, 幸大  ,  小澤, 俊彦  ,  松本, 謙一郎

2016-11-11
Description
2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカルは、抗酸化物質と反応すると、その溶液に特徴的な紫色が消失することから、抗酸化物質の活性評価に頻用されている。しかし、DPPHラジカルは水に不溶なため、水溶液中で用いるにはアルコールなどの共溶媒が必要となる。その際、高濃度の緩衝液を用いると、緩衝塩が析出するため、反応系のpHを制御することが困難である。我々は最近、β-シクロデキストリン(β-CD)を用いることによりDPPHラジカルの水溶化に成功し、高濃度の緩衝液中でもDPPHラジカルの利用が可能となった。本研究では、得られたβ-CD包接DPPHラジカルの酸化還元特性について検討したので報告する。
第55回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2016)

Number of accesses :  

Other information