会議発表用資料 ITERの放射線環境下における周辺トムソン散乱計測装置の光学調整手法開発

谷塚, 英一  ,  波多江, 仰紀  ,  伊丹, 潔

2016-11-29
内容記述
ITER周辺トムソン散乱計測装置における集光光学系の視野調整をするために、新手法を開発した。集光光学系を通じて逆向きに真空容器内へ光を入射し、プラズマ対向壁に投影されたスポットを赤外カメラを利用して検出する。この際、光学機器配置上の特徴を利用して、計測ポートの第1壁に接するように光を入射することによって、熱変形やプラズマ電流喪失時の振動等によって光学機器の位置がずれた場合でも、放射線環境に人が立ち入ることなく、測定位置を1 mm程度の精度で再較正できることを明らかにした。この成果は、ITERの周辺部における密度分布の計測および制御の信頼性向上に繋がる。
第33回プラズマ・核融合学会年会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報