会議発表用資料 粒子線の照射で発生する制動放射線の測定実験

菅井, 裕之  ,  酒井, 真理  ,  長尾, 悠人  ,  山口, 充孝  ,  荒川, 和夫

2016-08-03
内容記述
粒子線治療における投与線量を理論的に正しく評価するためには、制動輻射の理解を避けて通ることは出来ない。十分な理解が得られていない制動放射の一つに準自由電子制動輻射があり、Geant4 や PHITS といった代表的なモンテカルロシミュレーションコードにおいても全く考慮されていない。今回、粒子線の照射によってどの程度の準自由電子制動放射が発生しているのか調査する目的で実験を行った。290 MeV/n の炭素ビームを厚さ5 mmのポリエチレンターゲットに入射し、ビーム軸に対して90度方向に放出される光子のエネルギースペクトルを測定した。実験結果をGeant4 及び PHITS コードによるシミュレーション結果と比較した結果、シミュレーション結果は実験値を全く再現できておらず、投与線量の正しい評価のためには、準自由電子制動輻射の実装が不可欠であることが示された。
第28回放射線夏の学校

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報