会議発表用資料 Three dimensional nuclear medical imaging with Compton camera

酒井, 真理  ,  菊地, 美貴子  ,  PARAJULI, Raj  ,  久保田, 佳樹  ,  荒川, 和夫  ,  山口, 充孝  ,  長尾, 悠人  ,  河地, 有木  ,  小高, 裕和  ,  国分, 紀秀  ,  武田, 伸一郎  ,  渡辺, 伸  ,  高橋, 忠幸  ,  中野, 隆史  ,  取越, 正己

2016-09-08
内容記述
コンプトンカメラはコンプトン散乱を利用したγ線イメージャーである。多核種同時撮像能力を持つことなどから,新しい核医学診断装置として期待されている。核医学で利用するには3次元的なRI分布イメージを取得できる必要がある。そこでSi/CdTeコンプトンカメラおよび人体臓器ファントムを用いて、人体体幹部の3次元イメージングについて検討を行った。腎臓ファントム内にTc-99m溶液を封入し、複数方向からデータ収集することでTc-99mの3次元画像を作成した。その結果、直行する2方向からのデータ収集で3次元的な画像を得ることができた。
第112回日本医学物理学会学術大会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報