Presentation CT装置から発生するX線の線質・分布の指標に関する研究

古場, 裕介  ,  松本, 真之介  ,  仲田, 佳広  ,  笠原, 哲治  ,  赤羽, 恵一  ,  奥田, 保男  ,  佐藤, 薫  ,  高橋, 史明  ,  吉武, 貴康  ,  長谷川, 隆幸  ,  勝沼, 泰  ,  小野, 孝二  ,  神田, 玲子  ,  島田, 義也  ,  甲斐, 倫明

2016-06-30
Description
CT撮影時の被ばく線量の評価手法として人体数値ファントムを用いたモンテカルロ計算手法があるが、この手法ではCT装置から発生するX線の線質・分布に関する情報が不可欠である。線質・分布は装置毎のフィルター形状等によって異なるため、個々のCT装置に対して実測と計算を行なわなければならず、非常に膨大な時間を要することが問題となる。しかし、類似した線質・分布を持ったCT装置では同じ計算結果を使用できるため、計算時間の省略を図ることができる。本研究ではCT装置から発生するX線の線質・分布に対して総濾過や線量分布FWHMなどの指標を用いて評価し、その指標を基にCT装置を分類することを目指す。
日本保健物理学会第49回研究発表会

Number of accesses :  

Other information