会議発表用資料 過渡期から平衡期における放射性Csの土壌−植物間移行係数について

田上, 恵子  ,  内田, 滋夫

2016-07-07
内容記述
土壌から植物への放射性核種の移行を求める際、土壌へトレーサーを添加した直後は十分エイジングされていないため、移行係数(= 植物中濃度 / 土壌中濃度、TF)が見かけ上高くなる。その後、時間の経過と共にTFが低下する過渡期から、ほぼ変化がなくなる平衡期へ移行する。そこで本研究では、複数種の草本植物中の137Cs濃度の時間変化に着目して、過渡期から平衡期への変化について検討を行った。
第53回アイソトープ・放射線研究発表会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報