会議発表用資料 放射線誘発マウス胸腺腫とゲノム不安定性

平川, 博一

2016-03-09
内容記述
宇宙での長期滞在において、低フルエンス高LET放射線の人体影響の有無と防護は解明すべき重要な課題である。今年度は低線量率放射線被ばくの影響を、老化やストレスの影響を複合的に理解するための動物モデルとこれを用いた地上実験の系を確立した。がんの悪性化機構に関連の深いゲノム不安定性を哺乳動物の生体組織で評価できるRaDRマウス(Rosa26-Direct repeat-GFP transgenic)を用いた予備実験では、γ線の分割照射(1.8Gy x 4)から180日以内に被ばくした動物の約50%がリンパ腫を発症した。また、これらの腫瘍組織と被ばくした他の組織の一部で、GFP陽性細胞の有意な増加を観察した。
新学術領域研究「宇宙に生きる」2016ワークショップ

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報