Presentation PET化学ISRS2015報告その1

永津, 弘太郎

2016-02-06
Description
International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences 2015における金属核種に関する報告は全課題のおよそ1/3を占め,診断に留まらず治療(内用療法)研究に資する多くの金属核種が利用されている。金属核種を取り巻く環境は,一部の大学で治療に関する臨床研究が行われ,あるいは世界規模での供給を行う大学内ベンチャー企業が設立するなど,その製造から利用に至るまで積極的な活用動機が高まっている。今回は,上述する具体例や治療研究上必須な担当当局との調整に関する話題と共に,いくつかの金属核種の製造及び精製に関する興味深い研究例を紹介する。
PET化学ワークショップ2016に発表参加の為

Number of accesses :  

Other information