Presentation PET化学ISRS2015報告 その 1

藤永, 雅之

2016-02-06
Description
今回、PET化学 ISRS2015 報告その1 [18F]標識法という演題で発表を行ってきました。昨年のISRS2015に参加してきた中から、新規[18F]標識法をピックアップし、みなさんに紹介しましたが、最近話題であった金属触媒を用いて行う18F化法については注目されていたようで、質問がありました。また、他の方のISRS報告を聞いてやはり金属核種を用いた演題が多かった事を認識しました。個人的には今のところ金属核種を使用する事はないと思いますが、少しずつ勉強していき、いつでも使える準備はしておこうと思いました。企業の製品紹介部門では、やはりディスポタイプのものが多く紹介されていました。洗浄の手間を省いたり、コンタミを防ぐにはもっとも効率よく行う事ができる方法だと思います。その他に、合成化合物をHPLCを用いずに固層カラムで精製する方法も紹介されていましたが、全ての化合物に応用できるものではなく、特定の条件下でのみしか利用できない方法でした。また、個人的に印象に残ったのは、免疫療法のお話です。個人的にも興味を持っている分野でガンの治療も効率的に行えるかもしれない新しい方法なので、ぜひ自分も合成の立場から貢献できたらと思いながら勉強してきました。 今後も引き続き、新しいプローブや標識技術の開発を行いながら、専門外の分野もこなせるよう向上心を持って研究に励んで行きたいと思います。
PET化学ワークショップ2016に発表参加の為

Number of accesses :  

Other information