Presentation 偏った脂肪摂取で生体はどう変わる?

王, 冰  ,  田中, 薫  ,  Vares, Guillaume  ,  二宮, 康晴  ,  勝部, 孝則  ,  菅谷, 公彦  ,  中島, 徹夫  ,  根井, 充

2016-01-26
Description
 高脂肪食や過度ダイエット(低脂肪)による、偏った脂肪摂取で、放射線の体への影響はどのように変わるかを、マウスを用いて調べました。 予め低線量の放射線を照射すると、その後の高線量の放射線に抵抗性になる放射線適応応答という現象と、脂肪摂取による影響を調整している臓器として知られる肝臓の解析により、偏った脂肪摂取との放射線の影響の関連の解析を行いました。 偏った脂肪摂取で、放射線適応応答が消え、放射線被ばく後の血液と肝臓で変化が見られました。これらの結果から、偏った脂肪摂取で、低線量及び高線量放射線に対する、放射線抵抗性が修飾される可能性が示唆されました。
第3期中期計画成果発表会

Number of accesses :  

Other information