一般雑誌記事 I 総論 PET/CT,SPECY/CTの臨床展開ー機器、技術、薬剤開発の発展による臨床貢献と今後の展望

吉永, 恵一郎

30 ( 12 ) 2015-12 , 株式会社 インナービジョン
内容記述
2002年度のFDG-PETの保健収載は、核医学検査の臨床における位置づけを大きく変えた。2006年にはFDG-PETの腫瘍性疾患に関する適用拡大があり、早期胃がんを除くすべてのがん腫に保健適用となったことから急速に臨床応用が進み、現在では悪性腫瘍領域において、FDG-PETは治療方針の決定に重要かつ不可欠な診断法となってきている。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報