会議発表用資料 がん放射線治療の高度化を目指した新規放射線修飾剤の開発

関根, 絵美子  ,  下川, 卓志  ,  中西, 郁夫

2015-08-27
内容記述
近年ますます増加するがん放射線治療のさらなる高度化を目指し、放射防護剤の基礎研究を行っている。放射線防護剤および放射線増感剤の開発を行い、将来的な応用を目指している。我々は、合成(化学)、細胞(生物)、動物(生体)のそれぞれの観点からお互い知見をフィードバックさせることにより研究を進めている。今回紹介する方法は、これら3分野の橋渡しとなる技術であり、放射線修飾効果を容易に判定できる方法である。
イノベーション・ジャパン2015

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報