Presentation サイクロトロンNIRS-930におけるビームのシミュレーション

中尾, 政夫  ,  北條, 悟  ,  片桐, 健  ,  杉浦, 彰則  ,  涌井, 崇志  ,  野田, 章  ,  後藤, 彰  ,  Victor, Smirnov  ,  Sergey, Vorozhtsov

2015-08-06
Description
放射線医学総合研究所のAVFサイクロトロン、NIRS-930 (K=110) において、ビームの挙動を理解し、最適なパラメータを調査してビームの強度や品質を向上するためにビームのシミュレーションを行っている。シミュレーションには、磁極とコイルの形状からOPERA-3dによって求めたサイクロトロン内の3次元電場・磁場分布を利用し、多数の粒子の空間電荷効果をPIC法を用いて計算できるコードSNOPを用いた。現在は18MeVの陽子をハーモニクス2で加速するシミュレーションを行っている。 位相のずれを最小化する調整、あるいは少しずれを許容した上でビーム出射量を最大化する調整に相当するようにトリムコイルの電流値を変更した磁場を用いてシミュレーションを行い、ビーム位相、加速効率、ビームパターンの比較を行った。また、シミュレーションによって計算されたビームの軌道に沿うようにデフレクターとセプタムの位置、角度を変更し、取り出し効率が向上する条件についてシミュレーション上で調査した。これらの結果について報告する。
第12回日本加速器学会年会

Number of accesses :  

Other information