Conference Paper 実験動物研究棟の実験動物施設施設としての施設管理状況ー平成26年度ー

大久保, 喬司  ,  林, 弘江  ,  早尾, 辰雄  ,  小久保, 年章

9 ( NIRS-M-278 )  , pp.79 - 83 , 2015-06
ISBN:978-4-938987-97-8
Description
実験動物研究棟は、コンベンショナルな実験動物施設として管理・運営しており、またP2Aレベルまでの遺伝子改変動物の飼育、実験も対応可能な施設である。平成19年より年4回の微生物モニタリングを実施してきたが、平成25年10月にマウス肝炎ウィルス(MHV)による感染がマウスで血清で確認された。その対応として、全飼育室のクリーンアップを行い、3階は平成26年4月から、1階・4階は6月から新しい運用にて再稼動を開始した。本報告会では、実験動物研究棟の平成26年度に実施した施設の管理状況について報告する。

Number of accesses :  

Other information