会議発表用資料 モンテカルロ計算を用いたX線CT撮影による臓器被ばく線量の管電圧依存性

古場, 裕介  ,  松本, 真之介  ,  仲田, 佳広  ,  赤羽, 恵一  ,  奥田, 保男  ,  小野, 孝二  ,  笠原, 哲治  ,  島田, 義也

2015-07-03
内容記述
X線CT撮影装置の複数の管電圧設定時の発生X線を実測データからモデル化し、粒子・重イオン輸送計算コードPHITSとボクセルファントムを用いて臓器被ばく線量を計算した。今回、X線CT撮影装置は東芝製Aquilion64を用いた。また、ボクセルファントムは原子力研究開発機構が開発した日本人成人標準体型、痩せ型、肥満型の体系の異なるボクセルファントムに加えてフロリダ大学で開発された小児ボクセルファントムを使用した。発表ではそれぞれの体型・年齢における臓器被ばく線量の管電圧依存性について報告する。
日本保健物理学会第48回研究発表会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報