Article 研究開発の俯瞰報告書「ナノテクノロジー・材料分野 2015年版」

青木, 伊知男

2015-06 , 国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター
Description
生体における形態・機能・代謝等の生物的プロセス、あるいは受容体などの特定の生体内分子などを、生きたまま非侵襲的に可視化し、基礎的なライフサイエンス、前臨床研究および医療において必要となる情報を提供することを目的とした研究開発領域である。主にMRI(磁気共鳴画像法)、PET(ポジトロン断層法)、SPECT(単一光子放射断層法)、蛍光・生物発光、X線CT(コンピュータ断層法)、超音波、光音響等のイメージング法を用いて、魚類〜マウスなどの小動物からヒトまでを主な対象とする。狭義では、形態・機能に関するイメージングを生体イメージング、代謝・受容体・抗原・酵素・イオンチャンネルあるいは薬物動態等の検出を「分子イメージング」として区分する場合もある。可視化に必要とされる計測装置(ハードウェア)や撮像手法、分子プローブや造影剤などの試薬と標的化技術、画像解析ソフトウェア、病態を反映activatableプローブ)」、計測(診断)と治療を一体化させる「セラノスティクス」などの新しい研究開発の方向性が注目される。

Number of accesses :  

Other information