会議発表用資料 重イオンを含む放射線混成場への固体飛跡検出器郡の適用

山内, 知也  ,  ムハンマド, エリワ  ,  楠本, 多聞  ,  田尾, 陽  ,  池永, 龍之介  ,  安田, 修一郎  ,  小田, 啓二  ,  小平, 聡  ,  北村, 尚  ,  西内, 満美子  ,  榊, 泰直  ,  金崎, 真聡  ,  福田, 祐二  ,  近藤, 公伯

2015-03-31
内容記述
PI(ポリイミド)は、その耐放射線性からエンジニアリングプラスチックとして用いられてきており、Al以上のイオンでエッチピットが形成されることが明らかになってきている。一般に検出感度の低さは不利な性質であると理解されがちであるが、固体飛跡検出器をひとつのセットにした場合には、プロトンや他の軽イオンの作るエッチピットのノイズに邪魔されることなく重イオン成分の検出ができるので、利点に変わる。発表では関西光科学研究所のJ-KARENレーザーを利用した実験結果についても言及する。
第29回固体飛跡検出器研究会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報