Journal Article Multi-wavelength and multi-scale aurora observations at the Chinese Zhongshan Station in Antarctica

14pp.1 - 8 , 2017-12
ISSN:18739652
Description
The Chinese Antarctic Zhongshan Station (ZHS) is located in a unique geographical and geomagnetic site that is suitable for observations on the cusp and of the post-noon dayside aurora and the poleward boundary of the nightside auroral oval. Since 2010, a unique, advanced synthetically auroral observation system has been deployed at ZHS, composed of a multi-wavelength all-sky imager, a multi-scale imager, a spectrum imager, and a radio imager. This system can record auroral forms from large (∼100 km) to small scales (∼10 m), auroral spectral lines from 400 to 730 nm, and auroral characteristics in the radio spectrum. Using this system, we have investigated the visible characteristics of UV ‘bright spots,’ the variation characteristics of the dayside shock auroras and convection, and the methodology for the quiet-day curve (QDC), among others. These investigations have enhanced our understanding of the solar wind–magnetosphere–ionosphere coupling process.
中国の南極中山基地は、カスプ域や昼間側午後側のオーロラ、夜側オーロラオーバルの高緯度側境界などを観測するのに適した、地理的、地磁気座標的にユニークな場所に位置している。2010年以来、多波長全天イメージャ、異なる視野のイメージャ群、分光イメージャ、電波によるイメージャなどからなる、ユニークで先端的かつ総合的なオーロラ観測システムが中山基地に設置されてきた。このシステムは、100 kmから10 mまでの空間スケールのオーロラの形態や、400 nmから700 nmまでのオーロラの発光輝線、オーロラの電波周波数特性などを観測・記録できる。このシステムにより、これまで、人工衛星搭載の紫外線イメージャで観測されてきている“ブライトスポット”と呼ばれる現象や、惑星間空間衝撃波到来によって引き起こされる昼間側の“ショックオーロラ”や電離圏対流変化、リオメータの静穏時変化(QDC)を導出する手法の開発、などの研究が行われてきている。これらの研究により、太陽風-磁気圏-電離圏相互作用過程に対する理解が深まってきている。

Number of accesses :  

Other information