学術雑誌論文 Assessing the efficiency of carbide drill bits and factors influencing their application to debris-rich subglacial ice

13pp.50 - 55 , 2017-09
ISSN:18739652
内容記述
When drilling into subglacial bedrock, drill operators commonly encounter basal ice containing high concentrations of rock debris and melt water. As such conditions can easily damage conventional ice drills, researchers have experimented with carbide, diamond, and polycrystalline diamond compact drill bits, with varying degrees of success. In this study, we analyzed the relationship between drilling speed and power consumption for a carbide drill bit penetrating debris-rich ice. We also assessed drill load, rotation speed, and various performance parameters for the cutting element, as well as the physical and mechanical properties of rock and ice, to construct mathematical models. We show that our modeled results are in close agreement with the experimental data, and that both penetration speed and power consumption are positively correlated with drill speed and load. When used in ice with 30% rock content, the maximum penetration speed of the carbide bit is 3.4 mm/s with a power consumption of ≤0.5 kW, making the bit suitable for use with existing electromechanical drills. Our study also provides a guide for further research into cutting heat and equipment design.
氷河や氷床の下の岩盤を掘削するときには、底面氷や融解水、岩粒が含まれる氷河堆積物で満たされている岩屑氷(デブリ氷)が問題となる。過去のフィールド経験によって、現状のアイスドリルではカッターが磨耗したり損傷したりするため適していないことがわかっている。著者らは、カーバイトビット、人工ダイヤモンドビット(PDC)およびダイヤモンドビットを従来のアイスドリル用カッターと置き換えて、氷床下のデブリ氷を掘削することで、いくつかの成果を得た。本稿では、砕屑物の多い氷の掘削、切削荷重、ドリル回転スピード、切削要素の性能パラメータ、数学的モデルを確立するための岩石と氷の物理的構造の特性について、掘削速度とカーバイトドリルの消費電力の関係について研究を進めた。特殊な実験設備でカーバイトドリルビットを用いて実験を行った。結果として、理論的計算結果と実験結果がよく一致し、掘削速度と消費電力の両方が、ドリル回転数(切削速度)と切削荷重と正の相関関係にあることが示された。30%の岩石含有量を含む砕屑物が多い氷を掘削するためにカーバイドドリルビットを使用すると、最大消費電力は0.5kWを超えず、最大掘削速度は3.4mm /sに達することができた。これは、既存のエレクトロメカニカルドリルでは可能な条件である。この研究は、切削するときに生じる熱量およびドリルヘッド設計のさらなる研究のための意義ある方針を提供している。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報