会議発表用資料 ArcticCARE-2017での活動報告​

當房, 豊

2017-04-05
内容記述
2017年2月27日~2017年3月31日の期間、スバールバル諸島・ニーオルスンにて、エアロゾルと雲およびそれらの相互作用に関する集中観測プロジェクト(ArcticCARE-2017)が実施された。本観測は、東京大学、国立極地研究所、ウエストテキサスA&M大学の三機関による共同観測プロジェクトとして行われた。本発表では、昨年の夏(2016年7月)に実施したニーオルスンでの予備観測の結果およびArcticCARE-2017での活動内容について報告する。
We had conducted intensive measurements of aerosols and clouds and their interactions in Ny-Ålesund, Svalbard,​ named the Arctic Clouds, Aerosols, and Radiation Experiment (ArcticCARE-2017), during the period of February 27 to March 31, 2017. This campaign was performed in collaboration with the University of Tokyo, National Institute of Polar Research, and West Texas A&M University. In this presentation, we report on the results of preliminary studies in July 2016 and our activities during the ArcticCARE-2017 campaign.
Polar Meteorology and Glaciology Group seminar / 気水圏コロキウム 日時:4月5日(水)10:00-10:50 場所:C301(3階セミナー室)

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報