Journal Article Arctic potential – Could more structured view improve the understanding of Arctic business opportunities?

10 ( 3 )  , pp.450 - 457 , 2016-09
ISSN:18739652
Description
The increasing interest towards the Arctic has been witnessed during the past decades. However, the commonly shared definitions of the Arctic key concepts have not yet penetrated national and international arenas for political and economic decision making. The lack of jointly defined framework has made different analyses related to the Arctic quite limited considering the magnitude of economic potential embedded in Arctic. This paper is built on the key findings of two separate, yet connected projects carried out in the Oulu region, Finland. In this paper’s approach, the Arctic context has been defined as a composition of three overlapping layers. The first layer is the phenomenological approach to define the Arctic region. The second layer is the strategy-level analysis to define different Arctic paths as well as a national level description of a roadmap to Arctic specialization. The third layer is the operationalization of the first two layers to define the Arctic business context and business opportunities. The studied case from Oulu region indicates that alternative futures for the Arctic competences and business activities are in resemblance with only two of the four identified strategic pathways. Introduction of other pathways to regional level actors as credible and attractive options would require additional, systematic efforts.
ここ数十年で北極に対する関心が高まりを見せている。しかしながら、北極の共通のキーコンセプトの定義は、政治的・経済的な政策決定に関して国内外まで浸透していない。この共通に定義された枠組みの欠如によって、北極に存在する経済力の規模からすると限定的に、北極について異なった分析がなされている。本稿は、フィンランドのオウル地域で行われた繋がりのある2つの異なったプロジェクトの極めて重要な調査結果に基づいて構成されている。本稿のアプローチでは、北極の状況を3つの重なり合う層の合成構成として定義している。第1の層は、北極地域を定義するための現象論的アプローチである。第2の層は、異なった北極への道筋を定義するための戦略レベル解析、ならびに北極を特化するためのロードマップの国家レベルの説明である。第3の層は、北極のビジネス状況とビジネスチャンスを定義するために、最初の2つの層の操作できるようにすることである。オウル地域からの事例研究は、北極の資産とビジネス活動の選択的未来は、4つの特定された戦略的経路のうちただ2つのみとしか類似していないことを示している。他の2つの経路を信頼できて魅力的な選択肢として地域レベルの動作主体へ導入するには、更なる組織的な努力が必要である。

Number of accesses :  

Other information