学術雑誌論文 Securitizing the Arctic indigenous peoples: A community security perspective with special reference to the Sámi of the European high north

10 ( 3 )  , pp.415 - 424 , 2016-09
ISSN:18739652
内容記述
The theory of securitization—the so-called Copenhagen school—centers the concept of security on various identified threats. Security based on the collective identity by which a society preserves its essential characteristics has been defined as community security, or societal security. The underlying principle of the Copenhagen school is that state-based, sovereignty-oriented security is ineffective unless the other components of security threats are addressed. The concept of human security, developed nearly simultaneously to that of securitization, identifies threat components at the sub-state level which are not traditionally understood as security concerns. Both schools of security thought are similar as they offer nontraditional approaches to understanding the concept of security. In this article, I explore securitization theory and the concept of human security to elaborate community perspectives in the understanding of security. In a case study, I investigate the security concerns of the indigenous peoples of the Arctic. The transformation of the Arctic by climate change and its impacts has resulted in new challenges and opportunities, so I explore how indigenous peoples in general and the Sámi in particular understand security which promotes their societal security. Although I show that this group of people deserves recognition and the ability to exercise greater authority, I conclude that diverse concepts of security do not by any means undermine the core traditional concept of security. These aspects of security remain subject to scrutiny by states and exist in a vertical structure. The Sámi, therefore, rely on affirmative actions by states to enjoy greater rights to maintain their community security.
安全保障化理論、いわゆるコペンハーゲン学派は、様々な形の脅威を安全保障の中核的概念とする。そこでは、ある社会の本質的な特徴を維持させるのに貢献する集合的アイデンティティに基づく安全保障というものが、コミュニティ安全保障ないし社会的安全保障と定義されてきた。コペンハーゲン学派の特質は、従来からある国家基盤や主権志向の安全保障概念というものは、安全保障に関わるさまざまな要素が取り上げられなければ、十分に効果はないと考えることである。人間安全保障の概念は、安全保障化の概念とほぼ同時に発達したが、伝統的にはそれらは安全保障上の事項とは考えられてこなかったものである。双方の学派の安全保障についての思想は安全保障の概念を理解するために非伝統的なアプローチを提供する点などで類似している。この論文では、安全保障化理論と人間安全保障の概念に取り組みながら、安全保障におけるコミュニティからの視座について詳細に論じる。事例研究として、北極の先住民族の安全保障を取り上げる。北極の気候変動による変化や影響によって新しい問題や機会が発生している。それゆえに先住民族一般そして、サーミ人においてどのように安全保障の概念が理解されているのかを探求しつつ、それらが彼らの社会における安全保障をどう向上させているのか考える。サーミ人はより大きな権力を行使するべき能力をもち、そのように承認されるべきであることを示すが、その一方で私の結論は多様化した安全保障の概念はいかなる意味においても、安全保障に関わる伝統的概念の中核を損なうことはないということである。安全保障の諸要素は、依然として国家による精査の対象であり、またそれらは垂直的構造のなかに存在している。それゆえにサーミ人は、自らのコミュニティ安全保障を維持するための権利を享受するためには、国家のアファーマティブアクションに依存するしかない。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報