Journal Article Herbivory Network: An international, collaborative effort to study herbivory in Arctic and alpine ecosystems

10 ( 3 )  , pp.297 - 302 , 2016-09
Plant-herbivore interactions are central to the functioning of tundra ecosystems, but their outcomes vary over space and time. Accurate forecasting of ecosystem responses to ongoing environmental changes requires a better understanding of the processes responsible for this heterogeneity. To effectively address this complexity at a global scale, coordinated research efforts, including multi-site comparisons within and across disciplines, are needed. The Herbivory Network was established as a forum for researchers from Arctic and alpine regions to collaboratively investigate the multifunctional role of herbivores in these changing ecosystems. One of the priorities is to integrate sites, methodologies, and metrics used in previous work, to develop a set of common protocols and design long-term geographically-balanced, coordinated experiments. The implementation of these collaborative research efforts will also improve our understanding of traditional human-managed systems that encompass significant portions of the sub-Arctic and alpine areas worldwide. A deeper understanding of the role of herbivory in these systems under ongoing environmental changes will guide appropriate adaptive strategies to preserve their natural values and related ecosystem services.
植生と草食動物の相互作用は、ツンドラ生態系の機能の中心にあり、その結果は地域や時間で異なる。進行中の環境の変化への生態系の反応を正確に予測するためには、この不均一なプロセスをより良く理解することが求められる。この複雑さを世界的規模で効果的に記述するには、複数のサイト間比較や分野横断的などの、調整された研究プログラムが必要である。草食動物の多面的な機能を協力して調査するために、北極や山岳地帯での研究者のためのフォーラムとして、Herbivory Networkが確立された。共通した取り決めを作成し、長期に地理的にバランスのとれた調整された実験を設計するためには、以前の調査で使用されたサイト、方法、測定基準などの情報を集積することが、このネットワークのプライオリティーの1つとなる。進行中の環境変化の中で、人間による管理システムの中での草食動物の役割をより深く理解することは、適切な適応戦略を自然の価値や関連した生態系サービスを保護することに導くことになる。

Number of accesses :  

Other information