Journal Article Surface elevation change on ice caps in the Qaanaaq region, northwestern Greenland

10 ( 3 )  , pp.239 - 248 , 2016-09
A large number of glaciers and ice caps (GICs) are distributed along the Greenland coast, physically separated from the ice sheet. The total area of these GICs accounts for 5% of Greenland’s ice cover. Melt water input from the GICs to the ocean substantially contributed to sea-level rise over the last century. Here, we report surface elevation changes of six ice caps near Qaanaaq (77°28′N, 69°13′W) in northwestern Greenland based on photogrammetric analysis of stereo pair satellite images. We processed the images with a digital map plotting instrument to generate digital elevation models (DEMs) in 2006 and 2010 with a grid resolution of 500 m. Generated DEMs were compared to measure surface elevation changes between 2006 and 2010. Over the study area of the six ice caps, covering 1215 km2, the mean rate of elevation change was −1.1 ± 0.1 m a−1. This rate is significantly greater than that previously reported for the 2003–2008 period (−0.6 ± 0.1 m a−1) for GICs all of northwestern Greenland. This increased mass loss is consistent with the rise in summer temperatures in this region at a rate of 0.12 °C a−1 for the 1997–2013 period.
グリーンランド沿岸には、氷床とは独立した氷河・氷帽が多数存在しており、グリーンランドを覆う氷の5%の面積を占めている。これら氷河・氷帽からの融解水は、過去1世紀の海水準変動に大きく寄与してきた。本研究では、写真測量技術を用いたステレオペア画像の解析によって算出したグリーンランド北西部カナック(77°28’N, 69°13’W)周辺の6つの氷帽の表面高度変化について報告する。衛星画像とデジタル図化機を使用して2006年と2010年における解像度500 mの数値標高モデル(DEMs)を生成した。両者を比較することで2006年から2010年にかけての表面高度変化を測定した。その結果、得られた6つの氷帽(総面積1215 km2)の表面高度変化速度の平均値は−1.1 ± 0.1 m a−1である。この値は、グリーンランド北西部全域に分布する氷河・氷帽の2003–2008年における表面高度変化速度(−0.6 ± 0.1 m a−1)に比して著しく大きいことが明らかとなった。氷帽の氷損失が近年増加している要因として、カナックの夏期気温が、1997–2013年にかけて0.12°C a−1上昇していることが考えられる。

Number of accesses :  

Other information