学術雑誌論文 A difficult Arctic science issue: Midlatitude weather linkages

10 ( 3 )  , pp.210 - 216 , 2016-09
ISSN:18739652
内容記述
There is at present unresolved uncertainty whether Arctic amplification (increased air temperatures and loss of sea ice) impacts the location and intensities of recent major weather events in midlatitudes. There are three major impediments. The first is the null hypothesis where the shortness of time series since major amplification (∼15 years) is dominated by the variance of the physical process in the attribution calculation. This makes it impossible to robustly distinguish the influence of Arctic forcing of regional circulation from random events. The second is the large chaotic jet stream variability at midlatitudes producing a small Arctic forcing signal-to-noise ratio. Third, there are other potential external forcings of hemispheric circulation, such as teleconnections driven by tropical and midlatitude sea surface temperature anomalies. It is, however, important to note and understand recent emerging case studies. There is evidence for a causal connection of Barents-Kara sea ice loss, a stronger Siberian High, and cold air outbreaks into eastern Asia. Recent cold air penetrating into the southeastern United States was related to a shift in the long-wave atmospheric wind pattern and reinforced by warmer temperatures west of Greenland. Arctic Linkages is a major research challenge that benefits from an international focus on the topic.
北極の温暖化増幅(気温の増加と海氷の減少)が近年の中緯度の顕著な気象現象の強さや場所に影響を与えているか否かについてまだ解決されていない課題がある。課題解決を阻む3つの障害がある。第1に、温暖化増幅の要因分析のためには物理過程の分散が大きく温暖化増幅した期間(約15年)が短いので、統計的に(最近が昔と変わらないという)帰無仮説が棄却できない点である。このことは北極の地域的な大気循環への影響をランダム事象とはっきりと区別することを困難にしている。第2は、北極のシグナルが、中緯度のジェットのカオス的な大きな変動性のためにシグナル・ノイズ比を小さくしていることである。第3に、熱帯や中緯度の海面水温偏差によるテレコネクションのような,他の半球規模循環の潜在的な強制力があることである。しかしながら、最近の事例解析を理解することは重要であり、バレンツ・カラ海の海氷減少がシベリア高気圧の強化とそれに伴う東アジアの寒気流出との間に因果関係があるという証拠がある。また最近の米国南西部への寒気の侵入はグリーンランドの西の暖気によって強化された大気の風の長波パターンのシフトと関係している。以上のように北極−中緯度リンクは国際的に注目されている主要な挑戦的な研究課題である。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報