Presentation 「極域科学計算機システムを利用した大規模データ処理とデータ公開に関する研究集会」講演資料集

2016-07-22岡田雅樹
Description
平成27年2月より極域科学計算機システムが更新され、大容量メモリと高速演算性能を生かし、より高精度のデータ解析手法の開発とシミュレーションのためのアルゴリズムの開発が重要になっている。新システムの特徴を生かしたシミュレーションならびに可視化手法に関する技術を共有することによりさらに高度な計算資源の活用を目指す。
日時:2016年7月22日(金) 10:00-17:00場所:国立極地研究所3階セミナー室
Full-Text

https://nipr.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12797&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1

Number of accesses :  

Other information