会議発表用資料 鉱物エアロゾル粒子の表面状態の変化:吸湿性や氷核活性に与えうる影響

當房, 豊

2016-08-24
内容記述
鉱物エアロゾル粒子は、大気中を長距離輸送される過程で変質し、吸湿性の粒子へと変化していくことがある。今回の話では、大気中で生じる鉱物エアロゾル粒子の表面状態の変化に着目した研究事例について紹介する。また、そのような作用を受けることで、鉱物エアロゾル粒子の氷核活性(氷晶核としての機能)にどのような影響を現れるかを検証した室内実験の結果を紹介する。
Surface properties (e.g., hygroscopicity) of mineral dust aerosols can potentially be modified by chemical aging during their long-range transport. In this seminar, I’ll talk about possible modifications of mineral dust surfaces in the atmosphere. In addition, I’ll introduce some results of laboratory freezing experiments designed to evaluate potential impacts of fresh and aged mineral dust particles on atmospheric ice nucleation.
Polar Meteorology and Glaciology Group seminar / 気水圏コロキウム 日時:8月24日(水)10:00-10:50 場所:C301(3階セミナー室)

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報