会議発表用資料 トップダウン法とボトムアップ法によるCO2フラックス推定値の比較 ~シベリア・ヤクーツクでのケーススタディ~

高田, 久美子  ,  Prabir, Patra  ,  小谷, 亜由美  ,  Dmitry, Belikov  ,  森, 淳子  ,  GTMIP, グループ  ,  伊勢, 武史  ,  町田, 敏暢  ,  Shamir, Maksyutov  ,  宮崎, 真  ,  太田, 岳史  ,  朴, 昊澤  ,  佐伯, 田鶴  ,  青木, 周司  ,  Takata, Kumiko  ,  Patra, Prabir  ,  Kotani, Ayumi  ,  Belikov, Dmitry  ,  Mori, Junko  ,  group Takeshi Ise, GTMIP  ,  Toshinobu Machida  ,  Maksyutov, Shamil  ,  Miyazaki, Shin  ,  Ohta, Takeshi  ,  Park, Hotaek  ,  Saeki, Tazu  ,  Saito, Kazuyuki  ,  Sato, Hisashi

2015-11-19
内容記述
第6回極域科学シンポジウム分野横断セッション:[IA] 急変する北極気候システム及びその全球的な影響の総合的解明―GRENE北極気候変動研究事業研究成果報告2015―11月19日(木) 国立極地研究所1階交流アトリウム
本文を読む

https://nipr.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11853&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報