会議発表用資料 オーロラと人間社会の過去・現在・未来~オーロラ4Dプロジェクト~

片岡, 龍峰

2016-03-16
内容記述
「夜空に思いを馳せるのは科学者だけではない」を標語に、SNSと古典籍を用いたオーロラの研究プロジェクトを始動した。国文研と極地研が初めて協力した、総研大の特色が豊かな文理融合型・市民参加型の共同研究事業として大いに期待されている。人々が残す記録から、極限的なオーロラとは何か?地球上でどこまで広がるか?発生頻度などを探り、その時代に記録を残した人々や文化について考察を深めている。幅広くアドバイスを頂きたい。
NIPR seminar / 極地研定例研究談話会日時: 3月16日(水)11:00 - 12:15場所:国立極地研究所 3階セミナー室(C301)
本文を読む

https://nipr.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11053&item_no=1&attribute_id=16&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報