学術雑誌論文 A new detailed ice thickness and subglacial topography DEM for Dome A, East Antarctica

9 ( 4 )  , pp.354 - 358 , 2015-12
ISSN:1873-9652
内容記述
A new deep ice core is being drilled at the Chinese Kunlun Station in the Dome A region. As ice thickness and subglacial topography in the area are important factors of estimating ice core age, we investigated this region using ice-penetrating radars in three austral seasons during CHINARE 21, 24 and 29 expeditions. Previous results from radar measurements during CHINARE 21 and 24 played critical role in locating the deep ice core drilling site, basal ice age modeling and study of geomorphology of the Gamburtsev Subglacial Mountains. Recent radio echo sounding in the area during CHINARE 29 improved on the grid's resolution, intended for improving modeling results. All radar data from three austral seasons were processed to build more detailed maps of ice thickness and subglacial topography. The new maps show high resolution ice thickness distribution varying between 1548 m and 3347 m in the area. The small scale subglacial valley glaciated terrain is shown in great detail, such as mountain peaks and ridges, main deep valley and its branches, valley steps and overdeepened concavities. The results are essential for accurate regional ice sheet modeling in the area to study basal processes and ice age modeling, as well as locating new deep ice core drilling site.
ドームAにある中国崑崙基地で新たな深層氷床掘削が行われている。その地域の氷厚と氷床下の基盤地形は、氷床コアの年代を見積もる上で重要な要素であることから、中国の南極観では第21、24および29次隊の夏の三シーズンにわたり、この地域でアイスレーダーによる調査を実施した。以前に第21および24次中国南極観測隊で実施したアイスレーダーによる観測結果は、深層氷床掘削地点の決定や氷床基部の年代決定、およびガンバーツェフ氷床下山地の地形研究に大きな役割を果たした。第29次中国南極観測期間中にその地域で実施したアイスレーダー観測では調査グリッドの空間分解能を向上させ、モデル結果の向上を目指した。本稿ではこの3シーズンのアイスレーダーのデータを処理し、氷厚と氷床下の地形のより詳細な図を作成した。この新たな地図は、調査域の氷厚が1548 mから3347 mの高精度の氷厚分布を示している。小規模の氷床下の氷河に削られた谷地形が極めて詳細に示され、例えば山頂や峰、主な深い谷地形およびその支谷、谷の段丘や深い凹地等である。今回の結果は、氷床流動の正確な地域モデリング、および新たな氷床掘削地点を特定するために必須である。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報