学術雑誌論文 Vp/Vs-ratios and anisotropy on the northern Jan Mayen Ridge, North Atlantic, determined from ocean bottom seismic data

9 ( 3 )  , pp.293 - 310 , 2015-09
ISSN:1873-9652
内容記述
In order to gain insight into the lithology and crustal evolution of the northern Jan Mayen Ridge, North Atlantic, the horizontal components of an Ocean Bottom Seismometer (OBS) dataset were analyzed with regard to Vp/Vs-modeling and seismic anisotropy. The modeling suggests that the northernmost part of the ridge consists of Icelandic type oceanic crust, bordered to the north by anomalously thick oceanic crust formed at the Mohns spreading ridge. The modeled Vp/Vs-ratios suggest variations in gabbroic composition and present-day temperatures in the area. Anisotropy analysis reveals a fast S-wave component along the Jan Mayen Ridge. This pattern of anisotropy is most readily interpreted as dikes intruded along the ridge, suggesting that the magmatism can be related to the development of a leaky transform since Early Oligocene.
北大西洋、北部Jan Mayen海嶺の岩質と地殻進化を調べるため、Vp/Vs比のモデリングと地震波異方性に着目し、海底地震計(OBS)の水平動成分データを解析した。モデリング結果から、海嶺最北部はアイスランドタイプの海洋性地殻から成り、さらにその北側は、拡大場のMohns海嶺で形成された異常に厚い海洋地殻と接している。またVp/Vs-比からは、この領域における斑レイ岩組成と現在の温度場に、変化があることを示唆している。異方性解析からは、Jan Mayen海嶺に沿う方向にS波の速い成分が確認された。この異方性のパターンは、最も単純には海嶺に沿って貫入したダイクと解釈され、そのマグマ活動は初期漸新世以降の弱い横ずれ型断層の発達過程に関連した可能性がある。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報