紀要論文 日本-スウェーデン共同南極トラバース2007/2008実施報告:Ⅱ.現地調査活動報告
Report of the 2007/2008 Japanese-Swedish joint Antarctic traverse: II. Details of the field expedition

藤田, 秀二  ,  福井, 幸太郎  ,  中澤, 文男  ,  榎本, 浩之  ,  杉山, 慎  ,  Shuji, Fujita  ,  Kotaro, Fukui  ,  Fumio, Nakazawa  ,  Hiroyuki, Enomoto  ,  Shin , Sugiyama

59 ( 1 )  , pp.87 - 161 , 2015-03-31
ISSN:00857289
NII書誌ID(NCID):AN00181831
内容記述
南極地域観測第Ⅶ期5か年計画において, 2007/2008年の南極の夏期シーズンに,国立極地研究所を中心とした研究グループは,スウェーデンの研究者グループと共同で,東南極内陸域のドロンイングモードランド地域の内陸部の氷床環境調査を実施した.本報告は,本プロジェクトで実行された観測活動の全体像を記録し,報告するものである.内陸調査実行の概要,経過,人員・役割分担,設営,通信,ナビゲーション,観測の各項目を含む.本プロジェクトで得られた南極内陸高原部の資源,すなわち,データや試料を長い将来にわたって活用する際に,この実行経過の記録は重要な情報になるはずである.また,将来に類似の内陸調査を計画することがあれば,参考にできる経験が非常に多くあると確信する.
In the seventh five-year plan of the Japanese Antarctic Research Expedition, Japanese scientists (led by the National Institute of Polar Research) together with a group of Swedish scientists conducted an intensive field campaign across Dronning Maud Land, East Antarctica, during the 2007/2008 austral summer season. This paper details the entire scope of the field activities of the project, and includes an outline of the field expedition, manning and roles, logistics, communications, navigation, and observations. This report should provide valuable information for future programs in Antarctica.
本文を読む

https://nipr.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10763&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報