Departmental Bulletin Paper マレーシアと日本におけるIntercultural Learning and Community Engagement(ILCOME)プログラムの展開 : 国際学会と短期留学プログラムを組み込んだサービスラーニング
Scope of Intercultural Learning and Community Engagement(ILCOME): As a Service Learning Incorporating both an International Conference and a Study Visit Program

安倍, 尚紀

本稿は、大分県立芸術文化短期大学において2012年度、2013年度、2014年度と3年連続で実施してきたInternational Learning and Community gagement( 略称IイルコムLCOME)プログラムについて詳論したい。ILCOMEプログラムは、毎年2月から3月にかけて、(1)マレーシア短期留学研修と呼ばれる国際交流プログラム、(2)ILCOME2013~2015と呼ばれる国際学会の総称となっている。特に(2)の国際学会として2014年度は、これまで2年続けて、マレーシア・クランタン州のUniversity Malaysia Kelantanで開催していた国際学会パートを、2015年1月23日~25日に大分県立芸術文化短期大学で開催した。また1)短期留学研修として、本ILCOMEプログラムは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用しながら、サービスラーニング①という地域活動実践として実施しており、教育・研究・地域貢献において多くの成果を期待できる。それだけでなく、今回の日本での学会開催によって、基本的には東南アジアのマレーシアという遠く離れた場所をベースにするILCOMEは、決して大分県へ波及効果がないわけではないこと、教員一名でできる国際交流プログラムについて、可能性と限界が明らかになった。
This paper introduces the international program named “International earning and Community Engagement”(ILCOME in abbreviation) continuing years annually on fiscal year 2012, 2013, 2014. This 2015 ILCOME rogram contains both (1) the study visit part by Oita Prefectural College and (2) international conference part called “ILCOME2013, ILCOME2014, ILCOME2015”. Especially as above (2) international conference, this fiscal year ILCOME2015 has been held at Oita Prefectural College, at first in Japan, from 23th to 25th January. As a result of combination with a (1) study visit program we can double and triple various fruits in education, research, regional contribution as this program utilize Social Networking Service (SNS) by introducing method of service learning.

Number of accesses :  

Other information