紀要論文 日本人英語学習者に適した英語教授法・指導法 -PCPP、AL、教材-
The Methods and Theaching Technique which Are Suitable to Japanese EFL Learners: PCPP, AL and Materials

林, 伸昭  ,  Nobuaki, HAYASHI

24 ( 1 )  , pp.155 - 171 , 2017-03-10
NII書誌ID(NCID):AN10457429
内容記述
古くは「文法訳読法」から、また、最近では、「TBLT(Task-based Language Teaching)」や「CLIL(Content and Language Integrated Learning)」等、これまで様々な英語教授法が日本の英語教育界に導入されてきた。しかし、英語の教育現場にいる生徒はきわめて多様な存在(英語力、性格、動機、学習スタイル等)であり「唯一の万能な教授法」はまだ開発されていない。そのような状況の中で、最近PPP(PCPP)を用いた教授法がまた見直されている。筆者はPPP(PCPP)とActive Learningを融合した教授法が日本人英語学習者の英語習得にきわめて効果的に作用するのではないかと考えている。
本文を読む

https://miyazaki-mu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1127&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報