Departmental Bulletin Paper 魅力の由来を探る―遊び心の昇華

塩野, 和夫  ,  シオノ, カズオ  ,  SHIONO, KAZUO

30 ( 2 )  , pp.15 - 20 , 2016-02 , 西南学院大学学術研究所
ISSN:09139756
Description
舘野泉は現在「左手のピアニスト」と呼ばれている。脳溢血(脳出血)のため2002(平成14)年に右半身不随となったが,04年には演奏活動を再開する。09年以降は海外各地でも精力的に活動を続けている。舘野泉ファンクラブ九州が主催する「舘野泉氏を囲む親睦会」(2014年9月20日,ホテルオークラ福岡)では,午前11時15分より「《演奏曲目》秘密です」のピアノ演奏を堪能した。会食の後に持たれた懇親会で,各テーブルから舘野泉先生に「フィンランドの空気の色」,「お正月の過ごし方」,「奥様のマリアさんはいつ日本に来られるのか」などと質問が寄せられる。質問内容が多様であっただけに際立ったのは,ほぼ全員が「今日の演奏は素晴らしかった」と異口同音にスピーチを始められたことである。しかも,聞いたばかりの演奏に対する感動を込めて「素晴らしかった」と語るスピーカーの顔は,いずれも紅潮しているように見えた。聴衆の心をとらえてやまなかったピアノ演奏の素晴らしさとは何なのか。いくつかの視点から考えてみたい。
Full-Text

http://repository.seinan-gu.ac.jp/bitstream/123456789/1322/1/is-n30v2-p15-20-sio.pdf

Number of accesses :  

Other information