紀要論文 東海大学観光学部による丹沢湘南地域における広域観光連携の取組 : 丹沢湘南観光連携会議と丹沢湘南観光交流フォーラム

屋代, 雅充||ヤシロ, マサミチ||Yashiro, Masamichi

5pp.33 - 42 , 2015-03-31 , 東海大学観光学部 , 東海大学出版会
ISSN:21860416
内容記述
神奈川県内の観光の中心は箱根,横浜,江ノ島・鎌倉の各地域であり, 湘南地域や丹沢地域はそれらに次ぐ観光地として認識されてきた。東海大学では観光学部設置準の段階(2007年度)から, 湘南キャンパスの立地する平塚市を中心に大学周辺の市町にも呼びかけ,これまで希薄であった湘南地域と丹沢地域との観光連携を強化し, 新たな観光魅力を創出することを目的として, 「丹沢湘南観光連携会議」を毎月開催し, 公開の議論の場として「丹沢湘南観光交流フォーラム」を年1回開催してきた。これらの取組について報告する。
本文を読む

http://www.time.u-tokai.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TC10000226&elmid=Body&lfname=link/p033-p042.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報