Departmental Bulletin Paper 3Dを題材としたモデル化・シミュレーションの指導法開発

山口, 敏和

Description
 近年,3D プリンタやバーチャル・リアリティなど三次元を扱う情報技術の利活用が盛んになり,従来の情報系分野を専門とする者だけが理解すれば良いものではなくなってきている.また大学では答えのない問題を解決するための能力として,科学的思考に基づいた情報活用能力の育成が求められている.そこで本研究では,理数系の特別な予備知識を持たない大学生を対象に,三次元モデリングを題材としてモデル化とシミュレーションを用いた問題解決力を育成するための指導法を開発することを目的とする.具体的には3D スキャナ,3D プリンタ,および3D モデリングソフトウェアを用いた学習を実践し,その結果と効果について議論した.
Full-Text

https://edo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=765&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information